みにい

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べ物の恨みは恐ろしい?

<<   作成日時 : 2005/03/05 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

名古屋に行っていた時のことです。
その日は土曜日で、お店の混む時間だったので、
いつも食事するお店が満席でした。2件目の居酒屋も30分待ち。
なので、軽く何か食べようと思い、レストラン風のお店に入りました。

お値段が少し高めだったが、サラダと飲み物がつくとか。
まあ、いいかなと思って、何があるのか聞いてみると、
ワインもいいらしい。グラスワインでもいいかなと注文する。
が、サラダが出てスープが出ても、ワインが来ない。
かじきとカニコロが来て、ライスも出た。
もう、ワインは出ないとあきらめる。

主人の方にコーヒーが来た。
コーヒーが飲み終わったら、何もいわずに帰ろうとした。
が、彼が突然ワインが無かったと言い出す。
店の人が、始めて気がついたように”デザートでも”と言う。
そんなもの、欲しくない。プリンを渡された。

ワインが欲しかったのよね。
ワインがあると言うので、注文したのに。

もう、行ってやらない。2度と行くもんか。
気持ちがこもってなかったものね。忘れたものは、仕方ないという感じだった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食べ物の恨みは恐ろしい? みにい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる